【PR】 無料アプリ「やる気が出る!!一日一名言」 【PR】
やる気が出る!!名言・格言アプリ

金魚カタログ

南京(ナンキン)
ナンキン(なんきん)
南京(ナンキン)
●品種名 南京(出雲なんきん)
●読み方  ナンキン(イズモナンキン)
●出現年代 江戸時代中期〜
●作出国 日本
●作出者
●歴史・過程 江戸時代寛延年間(1748〜1750)に現在の島根県にあたる出雲地方で改良が加えられ、藩主・松平不昧の推奨により特有の地金魚「出雲ナンキン」が作出された。
「ナンキン」の命名由来については中国の南京に由来する説や、江戸時代に中国渡来のかわいい物を 「なんきん」と呼んでいたことに由来する説など、諸説あるが、はっきりしたことは分かっていない
以来、出雲地方のみで飼育されてきて現在に至る歴史ある希少種で、昭和57年に島根県の天然記念物に指定された。
現在でも、流通ルートにはほとんど乗っていない。
作出過程の正確なことは分かっていないが、背ビレがなく、肉瘤の発達しないランチュウの原始形となった「マルコ」を改良したものと考えられている。
●特徴 ナンキンの特徴として、頭部が小さく肉瘤が出ない、背ビレがなく、四つ尾、目先が細長く目幅が狭い、などが挙げられる。
多くの金魚の品種では赤い色彩が好まれるが、ナンキンに関してはあてはまらなく、白勝ち更紗の体色が良いとされている。
侘び寂びを感じさせる上品さがナンキンの魅力の一つ。
●入手難易度 【難しい】
ほとんど流通していないので、入手は難しい。島根県以外では一般的に知られていない。
●飼育難易度 【難しい】
体質が丈夫ではなく、飼育が難しいとされる。
土佐錦地金、ナンキンを「三大地金魚」と呼ぶが、いずれも飼育は難しく、上級者向けの品種。
●画像の個体 (上):2013年日本観賞魚フェアで入賞した優良な個体。
(下):中部なんきん愛好会で入賞した個体。泉憲明氏持ち魚。
●その他 伝統として、梅酢などを用い、人工的に調色を行なう場合がある。梅酢を塗ったところは色素が破壊され白くなる。「ナンキン愛好家訪問レポート」はこちら!

和金型の金魚 琉金型の金魚 オランダ型の金魚  らんちゅう型の金魚
和金
朱文金
コメット
地金
琉金
キャリコ琉金
出目金
 三色出目金
土佐錦
和蘭獅子頭
東錦
青文魚
茶金
珍珠鱗
浜錦
蝶尾
丹頂
らんちゅう
江戸錦
桜錦
秋錦
ナンキン
花房
水泡眼
頂天眼

金魚カタログメニューに戻る


【PR】オススメ無料iPhoneアプリ【PR】
幕末検定 戦国検定 やる気!!名言 ビジネス名言 幕末名言 戦国名言 吉田松陰語録
アプリ「日本金魚図鑑」